PR


明石の釣り場で釣れる鯛

何センチまでがチャリコで何センチからが明石鯛?

明石海峡周辺の釣り場は、潮の流れが速い事で有名です。 特に、干満の差の大きい夏の大潮の時など、舞子公園の護岸などからは、川のように流れる様子を見る事が出来ます。

この潮流が速い影響もあると思いますが、明石海峡周辺で釣れる魚は、とても美味しく頂けます。

私は釣った事はありませんが、明石といえば明石鯛が有名です。 潮流が速く、鯛の餌となるプランクトンやエビなどが豊富な為、美味しいと言われています。

ところで、私は明石鯛は釣った事はありませんが、チャリコは釣った事があります。 一応、このチャリコも鯛は鯛なんですが、10センチ前後のチャリコを、明石鯛と言うのもいかがな物かと・・・

毎年秋になると、投げ釣りでカレイを狙います。その時、エサ取りの筆頭と言っても良いぐいチャリコが釣れます。 釣れたチャリコは殆どリリースしますが、塩焼き用に一度持って帰った事があります。

30センチには届きませんでしたが、私にとっては良型の鯛と言っても良いぐらいのチャリコでした。 ところで、何センチまでがチャリコで何センチからが明石鯛なんでしょうか?

ちなみに、ショアジギングで釣った40センチちょっとの鯛を頂いて、刺身と塩焼きで食べた事がありますが、個人的には塩焼きの方が大変美味しかったです。

釣れた場所は、塩屋漁港でこのサイズですから、明石鯛と言っても良いのでしょうねきっと・・・違うのかな?

リンク

明石鯛関連サイト

PR

PR