PR


東二見人工島へカレイ狙いで釣行した時の出来事

平成某年某月某日(秋)

当日は、天候も良く気持ち良く釣りをしていました。 しかし、本命のカレイの顔はなかなか見れず、たまにアタリがあって リールを巻き上げても、釣れるのは可愛いチャリコなどの外道でした。

このままでは、せっかく東二見人工島まで来てボーズで帰ることになると思い、 投げ竿は置き竿にして穴釣りを始める事にしました。

しかし、穴釣りも暫くの間は何も釣れず、イヤになりかけていた頃にガシラの良型を1尾釣る事が出来ました。

これで、気持ちも楽になりガシラをクーラーに仕舞って、釣りを再開してすぐのことです。漁船が目の前を通って行ったのです。その時「あの漁船、えらい岸から近いとこを走るんやな~」っと見ていました。

その直後、護岸に立て掛けていた 投げ竿2本が、鈍い音とともにテトラをズルズルと滑り、海へ一直線に向かっていました。

これは「ヤバイ」っと思い慌てて竿の方へ走って行きましたが、1本は海へ、もう1本はなんとか助かりましたが、当然 リールも投げ竿も傷まみれになってしまいました。

普段、塩屋漁港で釣りをしている時は。自然と漁船の事は頭に入っていますが、ここではすっかり漁船の事は、頭にありませんでした。結局、この日のお持ち帰りは穴釣りで釣ったガシラが1尾のみで、なんとも情けない釣行になってしまいました。

カレイ釣りは、ボーズはつきものですが、なんとかカレイの顔を見たかったものです。 それにしても、無茶苦茶高くついた釣りでした。

ちなみに、この釣り場は車を横付けして釣りを楽しむ事が出来ます。 また、カレイ釣りの時期は、沢山の釣り人が足を運びます。